最近のペン回しの楽しみ方〜動画撮影編〜

最近環境整えずに思いつきで回したような動画ばっか撮ってますが、あえてそういう動画を撮ってる時もあります。
追記から
僕は自分の心情を動画に収めるという目的でペン回しの動画を撮るときがあります。
ペン回し界において動画を撮ると言えばCVのためであったり、世界大会のためであったり、自分の実力を外部に発信する目的が多いでしょう。環境もFSの内容も自分のペン回しを引き立たせるためにこだわると思います。
しかし、自分の心情を写すのが目的だったらどうでしょうか。こだわり方も変わってくると思います。撮った動画は外からどう見えるかより自分から見てどうかです。そういう動画を撮るとき僕はだいたい
・極力動画に入ってる音は消さない
・環境は無理に整えない。
・その時の気分のままにペンを回す。
の3つを意識してやってます。CVや大会に出す動画ではタブー3つかもしれませんね笑
それぞれについてちょっと説明
一つ目、音消さない理由
部屋では音楽かけてる事が多いんですが、その時かけてる音楽は気分が反映されてるので消しません。音楽かけてなくても環境音は心情に影響を与えてる場合あるので極力消しません。後から気分に合うBGMをつける時は別ですが。
二つ目、環境
これも当時の心情を記録するのに大事な情報です。ベッドにいる時に撮ったのか机に向かってる時に撮ったのか、何の作業に取り掛かってる時期だったのか、もはや屋外なのか、誰かと一緒にいる時なのか。殺風景にする必要はないでしょう。
三つ目、気分重視ペン回し
上手いか下手かよりその時の気持ちにあってるかどうかが大事です。技選びを例にとるとキューブで〆るのとシザスピで〆るのじゃ雰囲気変わる。
指使いもペン回しのスタイルも同じように選びます。僕はペン回し自体に幅広く手を出してる方なので選択肢が多くて結構いろんな心情に対応できるなーと感じます。笑
まぁ難しそうに書いてるけどいつも考えて選んでるより勝手に選ばれていく感じです。できるだけ心情に合うペン回しをする。
この3つをやってます。これやると後から見て当時を思い出せるような動画が取りやすい。動画撮影の動機もペン回しやりたいなーより今の気持ちを何処かに残したいなとなって撮影します。

日記やSNSで楽しかったなり辛かったなりを文字に起こすって経験は誰しもあると思いますが、それがペン回しの動画撮影になったようなもんです。なぜペン回しの動画で残したがるのかは謎です。もちろん写真撮るなり作曲するなりで残そうとする時もあります。なぜ残そうとするのかもよくわかりません。ただ今の自分のできることの中じゃこういう動画の撮り方が上手に心情を残せる方法なんだと思います。もっと文に書き起こす力があったら日記で終わってるのかもしれません。ツイッターに上げる動画は撮った中でもペン回しとして中身ありそうなやつ選んでるだけで他にも色々動画撮ってます。

まぁこういったペン回しの楽しみ方もあるということで、


コメント

No title

現代美術とかのわけわっっっっかんねー絵とかも本人的にはなんかしら意味があって描いたんだろうけど本人しか全部はわからないし、みたいな
まあはい

No title


言われてみればそういう類と近いかもしれない
非公開コメント